法人番号

設立登記法人、国の機関、地方公共団体、その他の法人や人格のない社団等に対し、国税庁長官より 1 法人につき 1 つ指定される 13 桁の番号のこと。マイナンバーとは異なり、自由な利活用が可能。なお、法人の支店や事業所、個(続きを読む)

医療等ID制度

医療等IDは、患者の医療情報の連携や研究利用など、保健医療分野の情報連携を安全で効率的に行うための、一意的な識別子のことである。「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」(平成 27 年 12 月報告書取りまと(続きを読む)

データヘルス

医療保険者が、加入者のレセプト・特定健診等のデータを活用し、PDCA サイクルに沿って行う効果的かつ効率的な保健事業のこと。出典:首相官邸

IPv6

Internet Protocol version 6 の略で、現在広く使用されているインターネットプロトコル(IPv4)の次期規格である。本規格はインターネットに接続される機器の増加に伴う IPv4 アドレスの枯渇に備(続きを読む)

公的個人認証サービス

オンラインでの行政手続き等における本人確認のための公的サービスのこと。インターネットで電子文書を送信する際などに文書の改ざんを防ぐために用いられる署名用電子証明書と、サイトへのログインを行う際などに、他人による「なりすま(続きを読む)

フリーアドレス

オフィスに個人の固定席を持たず、空いている席を自席として利用するオフィスのあり方のこと。出典:首相官邸

安全運転支援システム

ドライバーが安全に運転できるように支援するシステムのこと。主に自車の周辺に存在する自動車、二輪車、歩行者、車線境界線等を各種感知機で検出し、その情報に基づいて、車載装置や交通情報板などを通してドライバーに情報提供して注意(続きを読む)

データサイエンティスト

センサー・通信機器の発達、ネットサービスの普及などにより収集・蓄積された膨大かつ多種のデータ(ビッグデータ)や、オープンデータから、データの新たな価値や知見を生み出し、ビジネス等の課題を解決する専門人材のこと。出典:首相(続きを読む)

IoT

Internet of Things(モノのインターネット)の略である。自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをすることで、モノのデータ化やそれに基づく自動化等が進展し、新(続きを読む)

公共価値

制度の不知等利用者の置かれた環境にかかわらず、公平・公正な行政サービスを享受できること、行政サービスの利用が簡便でメリットがあること、また、行政機関が保有する資産を利用することで新たなビジネスを創造できること等、利用者た(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁
  • よく読まれる用語

    まだデータがありません。