マルチ商法

商品やサービスの販売員になって販売利益を得ると同時に、他人を販売員になるよう勧誘し、一定のリクルート料(紹介料)が得られる商法。 これは特定商取引法では連鎖販売取引として規制している。 販売員が一定の取り引き料を支払うと(続きを読む)

多重債務

すでにある借金の返済に充てるために、他の金融業者から借り入れる行為を繰り返し、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける状態を指す。多重多額債務ともよばれる。 消費者信用市場の拡大は業者間競争を招き、消費者の借り(続きを読む)

外国為替証拠金取引

顧客が証拠金として少額を預け、その数倍から数十倍の元本があると想定してドルやユーロなどの外国通貨を売買する取引。FX取引として知られている。 1998年の外国為替法改正(外為取引の自由化)によって解禁された。たとえば、5(続きを読む)

損害保険

少しずつお金を出し合い、事故や災害に遭って損害を被った者にそのお金を提供する仕組みの保険。 私たちが日常生活を営む上で、火災、地震、交通事故などの突然襲ってくる「不慮の災難」に見舞われることがある。安心して生活するために(続きを読む)

金融庁

2000年7月に金融監督庁と大蔵省金融企画局が統合して発足した行政機関。 2001年1月の省庁再編により、金融機関の不良債権・破綻問題に対処する目的で1998年に設置されていた金融再生委員会も金融庁に合流し、内閣府の外局(続きを読む)

機会費用

人間の選択行動において、ある選択を行うことで失った(選択しなかった)ものの価値をいう。 私たちは、望むものすべてを手に入れることはできない。ある選択的決定をする場合、選ばれなかった選択肢は犠牲となる。同時に全ての選択を行(続きを読む)

バブル経済

バブルは「泡」という意味で、実態の価値以上の評価(泡の部分)が生じている経済状態のこと。 具体的には株、土地、建物、絵画、宝石など各種の資産価格が、投機目的で異常に上がり続け、その結果、それらの資産額が膨らみ、大きな評価(続きを読む)

消費支出・非消費支出

個人や家族が生活を維持するために行う支出のことを消費支出、直接税や社会保険料など、消費を目的としない支出を非消費支出という。 消費支出は生活費、家計費ともいわれ、主として実収入が当てられる。支出の目的や用途により、食料費(続きを読む)

先物取引

3ヶ月後、6ヶ月後など、将来の特定日に行う、商品の受け渡しと代金決済の条件を現時点で契約する取引。 価格変動リスクをさけるため行われるもので、取引は取引所を通じて行われる。 金・原油・穀物などの商品先物取引のほかに、金融(続きを読む)

リスク

将来の予想可能な危険や損失。 発生しうるリスクを予想し、それに備え不安を和らげる必要がある。リスクに対処することをリスクマネジメント(リスク管理)と言う。例えば、将来の病気に備えて食事や運動に気を配ることはリスクマネジメ(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁
  • よく読まれる用語

    まだデータがありません。