元本払戻金

収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」の区分があります。これは、受益者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額または上回っ(続きを読む)

MMF

日々決算を行う、公社債投資信託の一つ。投資信託協会の規則において、投資先資産が制限されており、リスクの低い運用を行っています。出典:投資の基礎知識(金融庁)

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは、平成28年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、上場株式、株式投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となり(続きを読む)

受益者

投資信託における当該投資信託の権利(受益権)の保有者のこと。信託契約に基づき受託者が信託財産の管理または処分を行うことにより利益を得ます。受益者は、保有する受益権の口数に応じて「収益分配金や償還金の受領」「解約請求」「買(続きを読む)

株式投資信託

約款上、株式の組入れが可能な投資信託のこと。株式投資信託には、株式の組入比率を一定限度に抑えたものから限度を設けないものまで、また地域を限定したものや産業を特定したもの、各種株価指数に連動するもの等いろいろな種類がありま(続きを読む)

目論見書

投資信託の募集・販売の際に用いられる投資信託の募集要項や費用、運用の内容などを記載した書面のこと。投資信託説明書ともいいます。2004年(平成16年)12月からは、投資家に必ず交付しなければならない「交付目論見書」と、投(続きを読む)

ロールオーバー

非課税期間が終了した際には、NISA口座・ジュニアNISAで保有している金融商品を、非課税投資枠の上限の範囲内で、翌年の非課税投資枠に移行(移管)することができます。この移管のことを「ロールオーバー」と呼んでいます。出典(続きを読む)

信託期間

信託の設定日から償還日までの期間のこと。出典:投資の基礎知識(金融庁)

運用報告書

投資信託がどのように運用され、その結果どうなったのかを決算ごとに受益者(投資家)に報告する説明書。運用報告書には「交付運用報告書」と「運用報告書(全体版)」があり、2014年12月以降決算を迎えた投資信託より、従来の運用(続きを読む)

分配金

投資信託の運用の結果、得られた収益を口数に応じて決算ごとに投資家に分配するお金のこと。分配金を出すかどうか、またはどのくらいの額を出すのかは、投資信託の約款や投資信託協会の規則に基づいて運用会社が決定するため、状況によっ(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁