償還

投資信託の信託期間(運用)の終了時や債券の満期日に受益者に金銭が返還されること。出典:投資の基礎知識(金融庁)

インデックス型ファンド

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)等の指数をベンチマーク(基準となる指標)として、そのベンチマークに連動した運用成果を目指すファンド。ベンチマークに基づき運用を行うため、ファンドマネジャーによる銘柄の入れ替えの頻度(続きを読む)

不動産投資信託

一般的には、不動産に対して投資する投資法人・投資信託を指します。厳密には、投資法人と投資信託は仕組みが異なるため、契約型の仕組みを用いて不動産に対して投資する投資信託を指します。また、ファンドオブファンズなどの仕組みを用(続きを読む)

投資可能期間

NISA口座およびジュニアNISA口座ともに平成35年までです。NISA口座やジュニアNISA口座を開設した人は、平成35年まで毎年、非課税投資ができます(投資可能期間)。また口座を開設していない人は、平成35年まで口座(続きを読む)

先物取引

ある商品を、将来の一定期日に取り決めた値段で取引することを約束する契約のこと。契約によって現物・現金の受渡・決済そのものが後日に延期されている取引であり、決済以前に反対売買されれば現金・現物は不要になります。出典:投資の(続きを読む)

インデックス

特定のマーケットの動向を表す指標のこと。市場全体の動きを数値化した株価指数や債券指数、不動産投資信託市場の動きを数値化したもの等があります。 株価指数には東京証券取引所第一部に上場されている全銘柄の株価を指数化したTOP(続きを読む)

普通分配金

追加型株式投資信託の運用の収益に基づいた分配金のこと。課税対象です。出典:投資の基礎知識(金融庁)

非課税期間

NISA口座およびジュニアNISA口座ともに5年間です。非課税期間の終了時期は、投資した年から数えて5年目の年末までです。投資したその日から5年間ではない点に注意が必要です。そのため、その年の1月に投資する場合も、同じ年(続きを読む)

債券

国や地方公共団体、事業会社などが必要な資金を借り入れるために発行する有価証券のこと。額面に対して利息がつき、満期になると元本が満額償還されます。出典:投資の基礎知識(金融庁)

インカムゲイン

債券の利子、株式の配当金やコールローン、割引手形等から得られる収益のこと。投資信託の場合、運用の結果信託財産に入ってくる収益には、インカムゲイン(Income Gain)とキャピタルゲイン(Capital Gain)があ(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁