物量表

読み方:ブツリョウヒョウ産業連関表の取引基本表の各取引のうち、可能な商品について、物量単位(台、個、t、klなど)で測られた取引数量を表示したもの。出典:経済産業統計

特定サービス産業動態統計調査

読み方:トクテイサービスサンギョウドウタイトウケイチョウサ経済産業省大臣官房調査統計グループサービス動態統計室所管。調査対象とする特定のサービス産業の売上高等の経営動向を把握し、短期的な景気、雇用動向等の判断材料とすると(続きを読む)

第3次産業活動指数

読み方:ダイサンジサンギョウカツドウシスウ第3次産業(公務及び公務に類似したサービスは除く。)の動向を総合的に把握することを目的として、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査、商業動態統計調査や、他省庁所管等の第3次産(続きを読む)

正規分布

読み方:セイキブンプ区分を定め分布図を描いたとき、その形が一つのピークを持ち、左右対称に尾を引く形。単峰型と同義。二項分布の近似として発見した確率分布である。 その後、誤差や最小二乗法に関する研究を経て、ガウスの誤差論で(続きを読む)

事業所

読み方:ジギョウショ事業所とは、経済活動の場所ごとの単位であって、原則として次の要件を備えているものをいう。1)経済活動が、単一の経営主体のもとで一定の場所(一区画)を占めて行われていること。2)物の生産、サービスの提供(続きを読む)

国際産業連関表

読み方:コクサイサンギョウレンカンヒョウ地球規模の国際地域(または国)間産業連関表であり、「非競争輸入型」で作成されており、二国間表と多国間表がある。国際産業連関表は、産業活動の国際化に伴い国際間取引を詳細に記述した産業(続きを読む)

基本計画

読み方:キホンケイカク政府として公的統計の整備に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るために策定されたもの。現状・課題や取組の方向性等を記述した本文と、具体的な措置等を記述した別表に分かれる。新統計法において初めて規定(続きを読む)

SNA

国民経済計算。国連により提唱された一国の経済のストックとフローを体系的、統一的に記録する包括的かつ詳細な仕組みと定義づけられたマクロ的経済統計システムのこと。国民所得勘定、産業連関表、資金循環表、国際収支表、国民貸借対照(続きを読む)

ラグ

ズレ、遅れ。乗用車の生産とその原材料となる鋼板の生産のように、相関関係にある項目どうしで動きに時間的なズレがある時に用いられる。出典:経済産業統計

標準国際貿易分類

読み方:ヒョウジュンコクサイボウエキブンルイStandard International Trade Classification 国連統計委員会が作成した国際的な貿易商品の名称及び分類。出典:経済産業統計

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁