無作為抽出法

読み方:ムサクイチュウシュツホウ選択者の意志が入らないよう偶然に任せて標本を抽出する方法。標本誤差の管理が可能であり、大多数の標本調査はこの任意抽出法により行われている。恣意的な抽出を行わないという意味であって、各抽出単(続きを読む)

パーシェ指数

読み方:パーシェシスウ個々の品目の全体に占める割合に応じて加重平均する際に、指数を算定する時点の取引量(額)を基準にしたウェイトを用いて算出された指数。出典:経済産業統計

調査員調査

読み方:チョウサインチョウサ調査対象に統計調査員が訪問し、調査票を配布・留置し、調査対象者が記入(自計)後、統計調査員が取集(回収)する調査のやり方。商業、工業、特サビ実、商動調査等。出典:経済産業統計

接続産業連関表

読み方:セツゾクサンギョウレンカンヒョウ作成時点の異なる産業連関表を部門分類、概念、定義等を合わせて接続した表であり、経済構造の時系列比較を容易にするために作成された表である。総務省から公表されている接続産業連関表には、(続きを読む)

ジニ係数

読み方:ジニケイスウ主に社会における所得分配の不平等さを測る指標。所得分配の不平等さ以外にも、富の偏在性やエネルギー消費における不平等さなどに応用される。係数の範囲は0から1で、係数の値が0に近いほど格差が少ない状態で、(続きを読む)

国民所得勘定

読み方:コクミンショトクカンジョウ国民が、ある一定期間(通常1年間)の生産活動によって新たに生み出した価値(付加価値)の合計を表したもの。出典:経済産業統計

経済構造統計

読み方:ケイザイコウゾウトウケイ旧統計法の下、2008年9月22日付け告示で、指定統計第122号として新たに創設され、その後、新統計法の施行を受け、基幹統計として指定された統計のこと。全産業分野における事業所及び企業の経(続きを読む)

家計調査

読み方:カケイチョウサ総務省統計局所管。国民生活における家計収支の実態を把握し、国の経済政策・社会政策の立案のための基礎資料を提供することを目的としている。毎月、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方(続きを読む)

物価指数

読み方:ブッカシスウ価格の変動を示す指数(消費者物価指数など)。個々の商品やサービスの価格を総合した物価の水準を、ある一定時期を基準にして指数化したもの。出典:経済産業統計

匿名データ

読み方:トクメイデータ調査票情報を特定の個人又は法人その他の団体の識別ができないように加工したもの。なお、統計法の改正に伴い新たに「匿名データの作成・提供」の制度が創設され(統計法第35〜36条)、学術研究の発展に資する(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁
  • よく読まれる用語

    まだデータがありません。