地政学リスク

ある地域の政治的・軍事的な緊張が高まることによって、世界経済全体の先行きが不透明になる危険性のこと。

スポット取引

LNGのスポット取引とは、関係者間での契約に基づく1年以内の短期取引。LNGの取引は、安定的な調達の観点から長期契約に基づく長期取引がほとんどであるが、近年、世界的なLNGの生産力増強、需要の変動に伴い、余剰LNGが発生 …

カーボンニュートラル

二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロであり、燃焼などによって大気中の二酸化炭素を増加させないこと。

燃料電池

水素と酸素を反応させて電気エネルギーを取り出す発電システム。発電時には電気と水しか発生しない。また、コージェネレーション(熱電併給)により、高いエネルギー効率を得ることができる。

エネルギー源のベストミックス

特定のエネルギーに偏らず、化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)や原子力、自然エネルギーなど、多様なエネルギー源を最適に組み合わせること。エネルギーの安定供給の確保や経済性の向上に貢献する。

資源ナショナリズム

資源を産出する国が、自国の利益を拡大するため、資源を自国で管理・開発しようとする動き。発展途上国における資源開発の多くが、外国の企業などによって行われている現状を背景としている。

リジェネバーナー

蓄熱体を内蔵したバーナー2台を交互に燃焼させ、一方が燃焼している時は他方が蓄熱し、その蓄熱で燃焼空気を予熱することで、排熱回収効率を高める仕組みのバーナー。

天然ガス

天然に産出するメタンを主成分とする可燃性のガス。一酸化炭素をほとんど含まず、また、空気よりも軽いため、プロパンを主成分とするガスに比べ、安全性が高い。なお、液化天然ガス(LNG:Liquefied Natural Gas …