電力負荷平準化

電力負荷を需要の多い時期から需要の少ない時期に移行(ピークシフト)、需要の多い時期の電力需要を削減(ピークカット)、需要が少ない時期の電力需要を創出(ボトムアップ)することにより、効率的な電源運用を図ること。

センサーネットワーク

複数の需要家に設置したセンサーが協調して、需要と供給のバランスなどの状況を瞬時に計測・制御するネットワーク。

炭層メタン

石炭の生成過程で生じ、地下の石炭層周辺に貯留されたメタン。近年、一部の炭田地帯で資源として採掘されている。

二次エネルギー

電気・ガソリン・都市ガスなどのように、石油や天然ガスなどの一次エネルギーを変換・加工して得られるエネルギー。

COP15

気候変動枠組条約(正式名称は「気候変動に関する国際連合枠組条約」)の第15回締約国会議。2009年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催予定であり、2013年以降の国際的な地球温暖化対策の枠組みについて議論が行われる予(続きを読む)

基盤インフラ

送配電網やガスパイプライン等の基盤的なエネルギーインフラ。

潜熱回収型給湯器

これまでの給湯器で水蒸気として大気に放出していた熱を回収して利用することで、熱効率を10%以上向上させた給湯器。ガスの使用量を抑えることにより、二酸化炭素の排出量を削減することができる。

コストベネフィット

実施にあたって必要なコストと、結果としてもたらされる利益(ベネフィット)とを比較して、利益の方が大きいかどうかを考量すること。

タイトサンドガス

浸透性の低い硬質な砂岩層に存在する天然ガス。現状では、生産性が低く、地層も深いため採掘コストは高い。なお、米国においては、これまで40年もの生産実績があり、技術の発展により生産量を伸ばしている。

系統電力

電力を需要地に供給するための発電・送電・変電・配電設備から構成されるシステムによって供給される電力。

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁
  • よく読まれる用語

    まだデータがありません。