締まる

読み方:しまる 株価が小幅に上がったり下がったりしている状態から、引き締まったように上昇すること。 なお、わずかの上昇の場合には「小締まる」という。

動意

読み方:どうい 動意とは、株価があまり変動しない状態から、少しずつ上昇していく状態になること。 一般的に、「動意づく」、「動意を見せる」と表現することが多い。 なお、動意は下げ相場の時にはあまり用いられない。

独歩高

読み方:どっぽだか 相場全体に勢いがない時に、ある銘柄だけが高いこと。 独歩高は、個別材料が出た時などに起きることが多い。

しっかり

しっかりとは、株価が前日よりも少しだけ高い状態のこと。 しっかりの定義はないが、一般的には、数パーセント程度の上昇の時に用いられる。 なお、数パーセント未満の上昇の時には「小じっかり」と表現する。

突飛高

読み方:とっぴだか さほど大きなニュースがないにもかかわらず、株価が一段高すること。 突飛高した銘柄のほとんどが、突飛高した直後に大きなニュースの流れることが多い。

つれ高

読み方:つれだか 特定の銘柄が株高の状態の時に、同じ業種の他の銘柄が買われ、株価が上昇すること。

保ち合い

読み方:もちあい 別名:持ち合い 保ち合いとは、株価が大きく値動きすることなく、小幅で上げたり下げたりしている状態のこと。主に、その銘柄に材料のない時に起きることが多い。 なお、保ち合い後に大きく上げたり下げたりすること(続きを読む)

強含み

読み方:つよぶくみ 強含みとは、株価が前日よりも少し高いところにあり、さらに上昇しそうな気配にあること。 強含みは、買い圧力が売り圧力をやや上回った状態であり、株価は底堅い動きをすることが多い。

戻す

読み方:もどす 戻すとは、株価が、下がった後に元の株価まで回復すること。 なお、少しだけ回復した場合には「小戻す」と表現する。

強保ち合い

読み方:つよもちあい 別名:強持ち合い 強保ち合いとは、株価が大きく値動きすることなく、僅かな額だけ高い状態のこと。主に、その銘柄に材料のない時に起きることが多いが、下値の固い状態である。 なお、小幅で上げたり下げたりし(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁