信託受益権

信託とは、財産権を移転して、一定の目的に従って、他人に財産の管理または処分をさせることであり、移転した財産に関する権利を信託受益権と呼ぶ。資産担保証券では、裏付資産を信託して信託受益権のかたちに変えた上でSPCに譲渡して(続きを読む)

エクイティ部分

資産担保証券の仕組みにおいて、元利金の支払順位が最下位に位置する部分のこと。裏付資産のデフォルト発生時に最初に損失を被ることで、シニア部分、メザニン部分の信用力を高める役割を果たす。 出典:日本銀行

新BIS規制

バーゼル銀行監督委員会が、2006年末からの適用開始に向けて検討を行っている新しい自己資本比率規制のこと。証券化商品を含め、新規制では保有する資産の格付に応じて異なるリスクウェイトを適用することとなる。 出典:日本銀行

クレジットリンク債

国債等およびクレジットデフォルトスワップ取引により生じるプレミアムを裏付資産とするABS。オリジネーターから特定資産は譲渡されないが、クレジットデフォルトスワップ契約を締結することにより、特定資産の信用リスクがSPCに移(続きを読む)

アレンジャー

証券化の仕組みを作り上げる主体のこと。銀行、証券会社、ファイナンス会社などがアレンジャーとなる場合が多い。 出典:日本銀行

シンジケートローン

幹事金融機関が複数の金融機関を集めてシンジケート団を組成し、単一の契約書で同一の約定条件に基づき信用供与を行う融資のこと。 出典:日本銀行

SPC

資産流動化のためにのみ設立される特別目的会社のこと。その業務は、資産買取り(シンセティック型CLOではオリジネーターとクレジット・デリバティブ契約を締結)とそのための資金調達(債券発行又は約束手形振出等)、およびこれらに(続きを読む)

オリジネーター

証券化の対象となる資産を保有している主体(原債権者)のこと。証券化の際には、その資産をSPC等へ譲渡(売却)するので「セラー」とも呼ばれる。 出典:日本銀行

サムライCP

非居住者が国内市場で発行する円建コマーシャル・ペーパーのこと。 出典:日本銀行

シンセティック型債券

オリジネーターが保有する貸付債権等を自己のバランスシートに残したまま(オリジネーターからSPCへの債権譲渡は行われず)、クレジット・デリバティブ契約を利用して信用リスクのみを移転する仕組みを裏付けに発行される債券のこと。(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁
  • よく読まれる用語

    まだデータがありません。