現役世代

主に20歳から60歳までの保険料を納めて公的年金制度を支えている世代。(出典:いっしょに検証!公的年金)

賃金スライド

年金額を賃金上昇率によって改定すること。年金を受け取り始めるときの年金額は、原則、厚生年金などの被保険者の1人当たり賃金の水準に応じて改定する。(出典:いっしょに検証!公的年金)

実質的な価値

名目額でなく、物価、所得水準に応じた「実質的価値」のこと。(出典:いっしょに検証!公的年金)

ねんきんネット

日本年金機構のサイト上で提供されているサービスで、年金加入記録の照会、年金見込額の試算、持ち主の分からない記録の検索などができる。(出典:いっしょに検証!公的年金)

遺族年金

一家の大黒柱が亡くなってしまったときに残された遺族が受け取ることができる公的年金。遺族基礎年金と遺族厚生年金がある。(出典:いっしょに検証!公的年金)

所得

収入(税金等を差し引く前)から必要経費等を引いた額。(出典:いっしょに検証!公的年金)

報酬比例部分

基礎年金(1階部分)に対する厚生年金(2階部分)のこと。現役時代の加入期間と報酬に比例した年金が支給される。(出典:いっしょに検証!公的年金)

厚生年金

会社などに勤務している人が加入する公的年金の制度。一定の要件を満たせば、将来、基礎年金(1階部分)に加えて、厚生年金(2階部分)を受け取ることができる。(出典:いっしょに検証!公的年金)

積立度合

各公的年金制度において、前年度末の積立金が、当年度の基礎年金拠出金や給付費等の支出の何年分に相当するかを示しているもの。マクロ経済スライドによる給付水準の調整は、おおむね100年後の積立度合が1となるように行われる。(出(続きを読む)

私的扶養

高齢者や子どもなど働くことのできない人を、その子や家族・親族で支えること。(出典:いっしょに検証!公的年金)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁