減価償却

施設や設備等の資産の価値が、使用年数が経過するにつれて減少するという会計上の考え方のこと。これらの資産は減価償却資産と呼ばれ、会計上は購入した時に全額が必要経費となるわけでなく、使用可能年数(耐用年数)に渡って分割して必(続きを読む)

ビジネスインパクト分析

中核事業の特定とそれに係るボトルネックを把握するプロセスのこと。出典:中小企業庁

土石流

大雨等で崩れた山や谷の土砂が水と混ざって、非常に早いスピードで下流に流れる自然現象のこと。大きな岩等を先頭にして、時速40~50キロメートルで進むことがあり、逃げる場合には土石流の進行方向に対して直角に逃げる必要がある。(続きを読む)

サプライチェーン

原材料の確保から最終消費者にいたるまでの財と情報の流れにかかわる全活動(開発・調達・製造・配送・販売等)を意味する。また、サプライチェーンを統合的に管理するための経営手法をサプライチェーンマネジメントという。出典:中小企(続きを読む)

インストール

ソフトウェアを使えるようにするために、ソフトウェアを構成するプログラムやデータ等をハードディスクにコピーし設定を行うこと。「セットアップ」(setup)とも呼ばれることもある。出典:中小企業庁

総合訓練

BCPが定める実施事項を通して行う訓練のことであり、通報・連絡や消火、避難・移動、バックアップしているデータの取出し等の要素訓練が含まれる。出典:中小企業庁

利益保険

復旧までの生産減少や、休業の営業利益減、休業中に支払う給与・地代・租税公課等の「固定費」支出をカバーする保険。出典:中小企業庁

目標復旧時間

中核事業や基幹業務を復旧させなければならない目標時間のこと。出典:中小企業庁

警戒宣言

地震の予知を基に地震の発生に備えるために国が発令する宣言のこと。現状では駿河湾沖を震源地とする東海地震のみが対象となっている。警戒宣言が発令された場合には、静岡県を中心とする地震防災対策強化地域では学校の休校や多くの企業(続きを読む)

リスク

共通の性質として次の2つの性質を含むため、影響度と発生頻度の観点から測定される事象のこと。①その事象が顕在化すると、好ましくない影響が発生する。②その事象がいつ顕在化するかが明らかでないという、発生の不確実性がある。出典(続きを読む)

金融用語集
  • 外国為替
  • FX
  • 格付け
  • ローソク足
  • 経済金融
  • 財務会計
  • 株式投資
  • 先物・オプション
  • 人物
  • 投資信託
  • テクニカル指標
  • 法令
  • 債券
  • 格言・アノマリー
  • 財務省
  • 経済産業省
  • 金融広報中央委員会
  • 厚生労働省
  • 現代用語辞典
  • 中小企業庁
  • 貿易関連用語集
  • 日本銀行
  • 首相官邸
  • 総務省
  • 金融庁