読み方:さいむへんさいひりつ
英語表記:Debt Service Ratio
英語表記:DSR
債務返済比率とは、その国の1年間の総輸出額に対する対外債務返済額の比率のこと。
債務返済比率は、その国がどれだけ債務を負担しているかを知るための指標の1つである。また、その国のカントリーリスクを知る上でも重要な指標とされる。
なお、総輸出額は、商品やサービスなどの輸出額の総額である。また、対外債務返済額は、元本の償還額、金利の支払額などの総額である。
債務返済比率は、対外債務返済額÷総輸出額×100により算出できる。
独立行政法人国際協力機構(JICA)によれば、債務返済比率の警戒水準は20%であるとしている。警戒水準を超えるとそれだけ債務負担が高くなり、カントリーリスクもその分高くなる。